エフロレッセンス【えふろれっせんす】



エフロレッセンス(efflorescence)とは、コンクリートの表面に発生する白い析出物で、コンクリート劣化の指標の一つです。

白い花が咲いたように見えることから、「白華」と言うこともあります。白い物質はカルシウムの化合物で、コンクリート中の可溶性物質やコンクリート周辺の可溶性物質が水分とともに表面に染み出し、空気中の炭酸ガスやアルカリ成分と反応した炭酸カルシウムやアルカリ炭酸塩、アルカリ硫酸塩などで構成されることが多いようです。エフロレッセンスの発生が、すぐに構造物の劣化を示すのもではありませんが、コンクリート中の水分の移動を表すため、要注意の現象といえます。また、美観の低下は免れません。

エフロレッセンスが発生した場合、補修の必要ないことも多いようですが、心配であれば美観の回復と合せて専門家に相談しましょう。


◆SPONSOR LINK◆

  • 名古屋 デザイナーズ
  • 愛知 一戸建て
  • 柏 新築
  • 木更津 設計事務所
  • 今治市 デザイン住宅
  • 燕 古民家
  • SUB MENU

    おすすめサイト